SAMPLE GALLERY

NHK歌壇テキストから

魅せられて 私の短歌道標(一部のみ)

河野裕子 わたしの京都(2001.04-2003.03)

1回(2001.04)2回(2001.05)3回(2001.06)4回(2001.07)5回(2001.08)6回(2001.09)7回(2001.10)8回(2001.11)9回(2001.12)10回(2002.01)11回(2002.02)12回(2002.03)13回(2002.04)14回(2002.05)15回(2002.06)16回(2002.07)17回(2002.08)18回(2002.09)19回(2002.10)20回(2002.11)21回(2002.12)22回(2003.01)23回(2003.02)24回(2003.03)

河野裕子

斎藤史

水原紫苑 「わたしの出会った歌人」から

前田康子 花の歌歳時記1(1998.04-1999.03)

蓮華草・翁草・木蓮(1998.04)花水木・車前草・朴(1998.05)合歓・露草・矢車草(1998.06)向日葵・昼顔・百日紅(1998.07)萱草・蚊帳釣草・夾竹桃(1998.08)木犀・秋海棠・彼岸花(1998.09)秋桜・薄・吾木香(1998.10)竜胆・石蕗・枇杷(1998.11)八つ手・ポインセチア・山茶花(1998.12)水仙・福寿草・冬薔薇(1999.01)梅・蝋梅・風信子(1999.02)満作・オオイヌノフグリ・菫(1999.03)

前田康子 花の歌歳時記2(1999.04-2000.03)

たんぽぽ・花蘇芳・山査子(1999.04)百合の木・藤・クローバー(1999.05)紫陽花・ドクダミ・蛍袋(1999.06)夕菅・凌霄花・ねじ花(1999.07)立葵・狗尾草・河骨(1999.08)鶏頭・蓼・鳳仙花(1999.09)水引・紫苑(1999.10)柊・茶(1999.11)シクラメン・南天(1999.12)寒椿・葉牡丹(2000.01)山茱萸・猫柳(2000.02)辛夷・片栗(2000.03)

アンソロジー(ごく一部のみ)

栗木京子 歌集再読(2002.10-2004.03)

⇒単行本化『名歌集探訪―時代を啓く一冊』(ながらみ書房、2007年)
中城ふみ子「乳房喪失」/大野誠夫「薔薇祭」 /森岡貞香「白蛾」 /村木道彦「天唇」 /尾崎左永子「さるびあ街」 /高野公彦「汽水の光」 /馬場あき子「無限花序」 /永田和宏「メビウスの地平」 /真鍋美恵子「玻璃」 /佐佐木幸綱「瀧の時間」 /阿木津英「紫木蓮まで・風舌」 /島田修二「渚の日日」 /河野愛子「木の間の道」 /岡井隆「鵞卵亭」 /安永蕗子「魚愁」 /岡部桂一郎「戸塚閑吟集」 /高安国世「真実」 /高安やす子「樹下」

栗木京子 キーワードで読む歌人(2004.04-2005.03)

⇒単行本化『名歌集探訪―時代を啓く一冊』(ながらみ書房、2007年)
河野裕子「声」 /小池光「赤」 /佐佐木幸綱「女性」 /富小路禎子「一人」 /伊藤一彦「月」 /高野公彦「汽水の光」 /穂村弘「くちづけ」 /小島ゆかり「雲」 /島田修三「食」 /俵万智「数字」 /小高賢「東京」 /今野寿美「果実」

わたしの歌日記(2001.05)

単行本化されたもの

岡井隆
ぼくの交遊録(2000.04-2004.03)⇒単行本化『ぼくの交遊録』(ながらみ書房、2005年)


永田和宏
作歌のヒント(2003.04-2006.03)⇒単行本化『作歌のヒント』(NHK出版、2007年)/新版(2015年)

単行本化は不明

春日井建
歌の手法(2003.04-2004.03)


花山多佳子
日常の歌と時代(2011.04,05,08,09,
2012.01,02,03,04,05,06)


小島ゆかり
歌の中の人々(2003.04-2005.03)

歌人論・選歌集

別ページにまとめてあります。

その他

インタビュー
北杜夫 (2000.06)
河野美砂子(1995.12)